2010年01月25日

ワードのファイルが壊れて読めない

卒論作成時の重大トラブル
ゼミ生のUSBフラッシュメモリに保存してあるワードのファイルが壊れて読めません。
メモリにはワードファイルが複数ありましたがそのうち1つです。
パソコンを変えてもダメでした。

パソコン画面のエラーメッセージは
「この文書を読み取ることができませんでした。ファイルが壊れているようです。次の操作を行ってください。*ファイルを開いて、修復してください。 *テキスト回復コンバータでファイルを開いてください。(ファイル名)
正直これでは具体的にどのような操作をすればよいか分かりません。


グーグルで「テキスト回復コンバータとは」で検索したところ
[W_WD98] 壊れた文書を復元する方法 (ファイル修復コンバータとは)
が出てきました。マイクロソフトのサポートサイトです。
http://support.microsoft.com/kb/156573/ja


そこで、ワードを起動し
1 [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、文書を選択します。
2 [ファイルの種類] ボックスで [ファイル修復コンバータ] を選択し、[開く] をクリックします。
を実行したところ、文字データが回復できました。しかし、かなりの字が文字化けしておりそのままでは使えません。もちろん図版も回復は出来ませんでした。


しかし、あきらめないで、他の方法として「一太郎2007(それ以前のバージョンではダメのようです)」で直接、あるいは上記と類似した処理でファイルを読み込んだところ、なんと文字化けもなく全テキストデータが無事復活しました。次にテキストデータをコピーしワードに貼り付けて、図版や写真ははオリジナルデータを貼り付け全体が修復できました。

ファイルの修復ソフトも市販されていますが、今回はイザという時の対応例です。

市原信 投稿

タグ:ソフト
posted by wpa2 at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック