2012年09月29日

第14回 早稲田大学心理学会 教養講座:笑いと健康 のお知らせ

入場無料! 参加自由! どなたでも奮ってご参加ください。
第14回 早稲田大学心理学会 教養講座
笑いと健康
笑いの社会健康的・進化的意義と日常的実践 
 野澤孝司氏目白大学人間学部講師
橋カレン氏 笑いヨガ・ティーチャー

2012年10月27日(土)16:00〜17:30
早大・戸山キャンパス34号館 1階151教室
◆アクセス◆
東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門 
行きに乗り、馬場下で下車、徒歩約3分。
◆問合せ先◆ 早稲田大学心理学会
URL 
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/

人の日常生活で最も一般的にみられる行動の一つに「笑い」があります。古くから「笑いは百薬の長」とか「笑いに勝る良薬なし」などとも言われ、笑う行動と心や体の健康状態には、何らかの健康-効能的な関係があることが示唆されてきました。最近では、笑いは体に対する実際的な作用として、免疫系や内分泌系などに対する医学的な効能も確認されており、精神的にもストレスに対する対処法の1つにもなると考えられています。日常および社会的にも、笑いをより積極的に生活に取り入れることは、単に予防医学的な効果を持つだけでなく、より積極的、社交的に生きるための精神的な糧(かて)や生きがいとしても重要な健康的態度の1つとなってきていると思われます。
この講座では、笑いのもつそうした健康に対するポジティブな効果、笑いの生理心理学的機構などの側面について、横隔膜を中心とした身体的「腹」の進化の視点から興味深く解説したいと思います。研修の後半には笑い行動の実践的体験として、最近日本でも活動が広まっている「笑いヨガ(ラフターヨガ)」について、解説と実演・体験参加セッションを笑いヨガティーチャーの高橋カレンさんにお願いする予定です。
ポスターは こちら

posted by wpa2 at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック