2013年05月14日

第15回 早稲田大学心理学会 教養講座:占い師と相談者のコミュニケーション


kouza2013_1.jpg
第15回 早稲田大学心理学会 教養講座
占い師と相談者のコミュニケーション 
〜"未来"はいかに生み出されるか?〜
淑徳大学総合福祉学部教授   大橋靖史氏

"未来"は心理学の研究対象として扱いにくい。なぜなら"過去"や"現在"には事実があるのに対し、"未来"は未だないものだからである。そこで動機やプランといった内的心理状態を想定しこれまで研究がなされてきた。これに対し今回は新たな視点から"未来"への接近を試みる。占いの場を"未来"が生み出される行為の現場として捉え、占い師と相談者のやり取りの中からいかに"未来"が生み出されていくかを、質的研究の一つであるディスコース心理学の立場から明らかにしていきたい。
日 時:2013年5月25日(土)16時00分〜18時00分(15時30分開場)
場 所:早大 戸山キャンパス 新研究棟(33号館)5階531教室

◆アクセス◆
東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、
馬場下で下車、徒歩約3分。
◆問合せ先◆ 
早稲田大学心理学会
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
電話:03-5286-3743  FAX:03-5286-3759 担当・石井康智
メール:waseda_shinri@yahoo.co.jp    担当・朝岡美好

タグ:講座
posted by wpa2 at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック