2015年04月12日

早稲田大学心理学会 特別セミナー2015年4月

post041115.jpg

早稲田大学心理学会 特別セミナー
なるほど!の就活
〜"ありきたり"の先へ〜
−面接・履歴書中心の実習とQ&A−
講師:小林源氏(産業カウンセラー)

2015年4月25日(土)14時〜16時(13時30分開場) 
早稲田大学・戸山キャンパス・39号館・5階・第5会議室

長年人事に携わった講師が実践的なワークショップを行います。参加してこそのワークショップで、就活に迷う参加者が自覚的に就活できるよう、つまり各自が有効な対策を練り上げられるようにすることを目的にしています。双方向性の書き込みシートを用いて自己を知る実践的なワークショップでもあります。30名先着順です。2週間後の同時間帯にフォローアップを行います。

◆アクセス◆
・東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約3分。
・JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、馬場下で下車、徒歩1分。
◆問合せ先◆
早稲田大学心理学会 http://www.waseda.jp/assoc-wpa/

posted by wpa2 at 12:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

第18回 早稲田大学心理学会 教養講座

kouza052315.jpg
図版クリックで拡大
第18回 早稲田大学心理学会 教養講座
スクール・ソーシャルワーカーの仕事
〜相談事例を通して〜
中村玲子氏
帝京平成大学 健康メディカル学部 臨床心理学科 講師
2015年5月23日(土)10時〜12時
早稲田大学・戸山キャンパス39号館・6階・第7会議室
posted by wpa2 at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

2015年講演会ポスターと懇親会

kouen060615.jpg


画像クリックで拡大

2015年度 早稲田大学心理学会 公開講演会
腰痛を解く心のナゾ
丹羽真一氏福島県立医科大学名誉教授、会津医療センター特任教授
日 時| 2015年6月6日(土)15:00〜17:00 (開場14:30)
会 場| 早稲田大学戸山キャンパス 36号館 3階 382教室

腰痛はありふれた症状である。軽ければそのまま放置され、ひどくなれば整形外科医に、あるいは指圧・マッサージ、鍼灸治療にかかるものと思われている。
整形外科の腰痛治療ガイドラインでも腰痛は原因不明のものが大半であると指摘されている。精神科の専門医として整形外科領域とも取り組んで来られた丹羽先生に、腰痛に関する問題(慢性腰痛や緊張性腰痛等)を取り上げて頂き、腰痛にひそむ心の諸相に目を向ける機会にしたい。


≪懇親会≫
日時:2014年6月6日(土)18:00〜20:00
会場:肉とパスタのお店 at Den
住所:新宿区高田馬場2-14-8 NTビル2F-A
アクセス:高田馬場駅早稲田口 徒歩2分  電話:050-5786-1799
http://r.gnavi.co.jp/jewnaxng0000/map/
会費:事前申込 4000円(税込) 当日申込4500円(税込)

ラベル:講演会
posted by wpa2 at 11:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年講演会ポスター

kouen060615.jpg
ラベル:ポスター
posted by wpa2 at 12:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

第19回 早稲田大学心理学会 教養講座

kouza103115.jpg
画像クリックで拡大します

第19回早稲田大学心理学会 教養講座
向後千春氏
早稲田大学人間科学学術院・教授
アドラー心理学入門
 劣等感 / ライフスタイル / 勇気づけ

アルフレッド・アドラーは、人それぞれに「人生の描き方」に特徴があるとして、それをライフスタイルと呼びました。ライフスタイルは生まれつきのキャラクターでもなく、後天的なパーソナリティでもなく、その人の成育歴から私たち自身が育ててきたものなのです。ライフスタイルは、自分にとってはあまりにも当たり前であり、自然のことなので、ふだんは意識することはありません。しかし 、対人関係やチームワークでうまくいかないのは、自分のライフスタイルと相手のライフスタイルが違うことを理解していないからなのです。この講義では、楽しいワークを交えながら、あなたのライフスタイルがどのようなものであるかを見つけ出していきましょう。そして、アドラー心理学で考える劣等感とはどういうものであるかを理解して、自分と他者を勇気づけるためにはどうしたらいいのかを身に付けましょう。

2015年11月14日(土) 15時〜17時
早稲田大学・戸山キャンパス32号館・128教室
◆共 催◆
早稲田大学心理学会  
早稲田大学総合人文科学研究センター
「行動・社会・文化に関する多角的アプローチ」部門

戸山キャンパス構内案内図
http://flas.waseda.jp/flas/wp-content/uploads/sites/7/2015/08/69c8aff1878dc00336d82785b8fbd682.png
posted by wpa2 at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

早稲田大学心理学会 特別セミナー2016年3月

特別セミナー2016.jpg
クリックで拡大

●早稲田大学心理学会 特別セミナー
納得の「就活」
〜新たな知見で
 あるがままを活かせ〜
講師:小林源氏(産業カウンセラー)
2016年3月30日(水)14時〜16時(13時30分開場)
早稲田大学・戸山キャンパス・39号館・5階・第5会議室
〜幕開けを迎えた就活の常套句、すなわち「自分探しをする」、「業界・企業を調べ、適職を求める」、「適性を調べ、適職を探す」などには、違和感をおぼえる。これらに一石を投じ、真の就活を考える縁に、と願った〜
【講師紹介】  
産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント、キャリア教育アドバイザー、早稲田大学心理学会副会長。
早稲田大学文学部心理学専修卒業後、大手企業で営業及び人事業務に従事。この経験を活かし、定年後は大学教授(キャリア開発学)のかたわら、東京都2区で就労支援カウンセリングを1,000人超に実施してきている。
◆アクセス◆
・東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
・JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、馬場下で下車、徒歩3分。
◆問合せ先◆ 早稲田大学心理学会 http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
電話:03-5286-3743 FAX:03-5286-3759 担当・石井康智
メール:waseda_shinri@yahoo.co.jp   担当・朝岡美好

ラベル:おしらせ
posted by wpa2 at 13:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

第20回 早稲田大学心理学会 教養講座

kouza0516.jpg
画像クリックで拡大

早稲田大学心理学会 教養講座(第20回)(参加費無料)
センスを磨くのに努力はいらない
ーココロとカラダの悩みを解決するー

藤本靖氏
ボディワーカー(米国Rolf Institute認定ロルファー)

「ダイエットしているのに痩せない」、「気をつかっているのに人間関係がうまくいかない」。うまくいかないのは努力の方向が間違っているから。心と体の悩みを解決して、美しく、健やかでいるためには、「センス」が必要です。「センス」とは体の感覚で、神経の仕組みです。この講座では、神経の仕組みを理解してセンスを磨くための方法をご紹介します。とても簡単なのにびっくりするほど効果があるワークなのでぜひ体験してください。(講師より)

日 時:2016年5月28日(土)15時−17時
場 所:大隈ガーデンホール(大隈ガーデンハウス1階)
※早大・大隈講堂の大隈庭園側の道を直進
先 着:25名(連絡先:PHS 070−5563−9619 中村誠)
※マットを使ってペアワークを行います。
服装は普段着の感覚で参加ください。
◆アクセス◆ ・東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約8分。
・JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き終点。徒歩約2分。
◆問合せ先◆ 早稲田大学心理学会 http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
電話: 03-5286-3743 FAX: 03-5286-3759 担当・石井康智
メール: waseda_shinri@yahoo.co.jp   担当・朝岡美好
共 催:早稲田大学心理学会
行動・社会・文化に関する多角的アプローチ(心理学コース)
早稲田大学 文学学術院 総合人文科学研究センター

ラベル:講座
posted by wpa2 at 01:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

2016年講演会ポスターと懇親会

kouen2016.jpg
画像クリックで拡大します

2016年度 早稲田大学心理学会 公開講演会
生体リズムに基づいた健康法
柴田重信氏 (早稲田大学 理工学学術院 教授/先端生命医科学センター)

古来、人は体内時計に従い、朝・昼・夕・夜と生活を営んできたが、科学技術の発達とともに24時間化した現代社会では、体内時計の働きを犠牲にして生活している人が多い。夜型化、朝食欠食、交代勤務者の増大など、自分の体内時計のリズムと社会のリズムの不一致による社会的時差ボケ者が増大し、それに伴い、不眠・うつ病、炎症疾患、肥満、各種癌の発症が増えてきた。そこで、如何にすれば体内時計に合わせた生活で健康を取り戻せるかを考えてみたい。

日 時| 2016年6月18日(土)15:00〜17:00 (開場14:30)
会 場| 早稲田大学戸山キャンパス 34号館 4階 453教室
アクセス
●東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
●JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、
馬場下バス停下車 徒歩約3分。

懇 親 会 2016年6月18日(土)17:45〜19:45
Cafe VG カフェベジ
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13152690/
新宿区西早稲田1−1−8
電話03−6233−9358
地下鉄東西線・早稲田駅より、徒歩約2分  
会費:事前申込 3500円(税込) 当日申込4000円(税込)
◆お問合せ先 ◆
早稲田大学心理学会 (早稲田大学心理学教室内)
TEL: 03-5286-3743 FAX: 03-5286-3759 担当・石井康智
Email: waseda_shinri@yahoo.co.jp
担当・朝岡美好
ホームページ
URL: http://www.waseda.jp/assoc-wpa/ 
共催:早稲田大学心理学会、早稲田大学総合人文科学研究センター


ラベル:講演会
posted by wpa2 at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

第21回 早稲田大学心理学会 教養講座

kouza2016r3.jpg

画像クリックで拡大
2016年度 早稲田大学心理学会 第2回 教養講座
冨田真紀 東京都台東区立松が谷福祉会館 こども療育室
「発達障害」のいま:臨床の現場から
―「心の理論」から「社会脳」へ―
「発達障害」という言葉は、今ではすっかり一般に定着しています。個別的な事例が話題になることもよくあります。しかし、その集合的な「実体」となると、未だに深いベールに包まれたままです。
いっぽう一定の地域社会に根ざした発達臨床の現場では、その「見えない実体」が見えてきます。とくに最近の約10年間は、以前にもまして臨床の現場は変化してきました。
講座では、「心の理論」から「社会脳」へという心理学的な視点も交えて、幼児期の発達臨床の最前線の姿をお伝えしたいと思います。

日 時| 2016年11月26日(土)15:00〜17:00 (開場14:30)
会 場| 早稲田大学戸山キャンパス 39号館 6階 第7会議室
参加自由・入場無料・予約不要・先着30名

アクセス
●東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
●JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、
馬場下バス停下車 徒歩約3分。

お問い合わせ
早稲田大学心理学会 (早稲田大学心理学教室内)
TEL: 03-5286-3743 FAX: 03-5286-3759 担当・石井康智
Email: waseda_shinri@yahoo.co.jp    担当・朝岡美好
ホームページ URL: http://www.waseda.jp/assoc-wpa/ 
共催:早稲田大学心理学会・早稲田大学文学学術院総合人文科学研究センター
ラベル:講座
posted by wpa2 at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

第22回 早稲田大学心理学会 教養講座

講座2017_1.jpg
画像クリックで拡大
第22回 早稲田大学心理学会 教養講座

2017年度 早稲田大学心理学会 第1回 教養講座
レジリエンスを高め、
折れない心を作るには
山本利枝
千葉大学こどものこころの発達教育研究センター・臨床発達心理士
オーストラリアで開発されたメンタルヘルスのための予防教育プログラム「You Can Do It教育プログラム](Bernard M.E,2007)の中に「レジリエンスプログラム」があります。このプログラムは認知行動療法に基づいており、対象は小学校の普通学級に在籍するのすべての子どもたちです。今回プログラムの日本語版を作成し、担任の先生方や子どもたちに体験してもらいました。自分にとっての大事件に出会った時、どのように行動すれば良いのでしょうか。平常心に戻るにはどうすればよいのでしょうか。レジリエンス(回復力)は高めることができるのでしょうか。折れない心の作り方について、ワークショップで学びましょう。

日 時| 2017年 5月27日(土)15:00〜17:00 (開場14:30)
会 場| 早稲田大学戸山キャンパス 33号館 3階 第1会議室
参加自由・入場無料・予約不要・先着50名
アクセス
●東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
●JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き乗車、
馬場下バス停下車 徒歩約3分。
お問い合わせ
早稲田大学心理学会 (早稲田大学心理学教室内)
TEL: 03-5286-3743 FAX: 03-5286-3759 担当・石井康智
Email: waseda_shinri@yahoo.co.jp       担当・朝岡美好
ホームページ URL: http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
ラベル:講座
posted by wpa2 at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

2017年講演会ポスターと懇親会

post2017.jpg
クリックで画像拡大
大人の「発達障害」
坂爪一幸氏 (早稲田大学 教育・総合学術院 教授)

発達障害は神経発生・発達上に生じた脳機能の問題です。発達障害では神経成熟の遅い大脳連合野の機能発達に遅滞や偏りがみられます。大人の発達障害では、神経成熟が最も遅い前頭連合野に関係した高次脳機能に問題が現れやすいです。発達障害を子どもから大人まで一元的に理解するには、行動や能力の基盤にある高次脳機能への視点(神経心理学)が欠かせません。そのような理解と支援について述べたいと思います。

日 時| 2017年6月24日(土)15時〜17時(開場14時30分)
会 場| 早稲田大学・小野記念講堂(本部キャンパス27号館地下2階)
アクセス
●東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約8分。
●JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門行き終点、
徒歩約2分。

懇 親 会 
2017年6月24日(土) 17時30分〜19時30分
キャトルフォンテーヌ 新宿区早稲田鶴巻町519  
会費:事前申込 4900円(税込)、当日申込5500円(税込)

◆ : 03お問合せ先 ◆ 早稲田大学心理学会 (早稲田大学心理学教室内)
TEL -5286-3743 FAX: 03-5286-3759 担当・石井康智
Email: waseda_shinri@yahoo.co.jp       担当・朝岡美好
ホームページ URL: http://www.waseda.jp/assoc-wpa/ 

共催:早稲田大学心理学会日早稲田大学総合人文科学研究センター
ラベル:講演会
posted by wpa2 at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。