2013年02月20日

第14回教養講座:笑いと健康 − 笑いの社会健康的意義と日常的実践 −(要旨)

笑いと健康 − 笑いの社会健康的意義と日常的実践 −
目白大学講師 野澤孝司
笑いヨガティーチャー 高橋カレン
2012年10月27日(土)

笑いと身体的健康
 笑いは古くから「笑いは百薬の長」、「笑いに勝る良薬なし」などとも言われ、日常的な健康と何らかの関係があることが示唆されてきた。実際の笑いと体の健康との関わりについての報告の始まりは、1970年代の米国のジャーナリスト、ノーマン・カズンズの体験的報告が最初である。カズンズは、自らの疾患(硬直性脊髄炎)を、毎日のコメディー鑑賞による笑いとビタミンCの摂取によって完治させ、医学誌に載せた体験報告が当時の社会的注目を浴びた。その後、1990年代に精神神経免疫学(PNI:Psycho- Neuro- Immunology)が誕生すると、笑いをはじめ、音楽鑑賞やアロマセラピーといった精神的な活動によって、身体的な防御機構である免疫系が活性化することが報告され始めた。笑い行動に関しては、落語やコメディー鑑賞の前後で、体内の癌細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)や抗体反応(免疫グロブリン)などの活性が確認されている。
 笑いによるストレスホルモンの減少や血糖値上昇の低減効果、血圧値の低下などといった他の身体生理的指標を用いた生理的・身体的効果の報告がいくつかあるにも関わらず、そういった笑いとの関連研究はいまだ非常に数が少なく、一貫性がないことも報告されているという点で、いまだ科学的・学術的な俎上に上がっているとは言い難い。

笑いと精神的健康
 笑いやユーモアといった快活なプラス感情や行動は一般に、精神的ストレスやネガティブな感情状態が少なく健康で長生きをするというように思われてきた。しかし、1920年代にアメリカで行われた1000人規模の縦断研究では、幼少時に快活であると評価された人ほど早死にであることが示されている。これは快活で楽天的な人ほど健康上のリスクに無頓着で、かえって不健康になりやすく死亡率も高くなると解釈されている。笑いやユーモアのセンスに優れた外向的な人も同様に、内向的な人に比べて肥満や喫煙などに関しては不摂生で、死亡リスクの高い疾患に罹りやすいという報告もある。
 こうした逆説的な研究報告がある一方で、ドイツ語の諺「ユーモアとは「にもかかわらず」笑うこと」に表現されているように、笑いの心理的効用は、人にポジィティブで積極的な態度をもたらし、精神的な回復力を強め、リラックスして不安を取り除くことにより肉体的な苦痛をも和らげるなどといった多くの有用な側面を持っている。これは予防医学やホリスティック医学、そして最近のポジィティブ心理学的な視点にも通じる重要な心理的効果ともいえる。

笑いと社会的健康
 笑いはもともと個体間での社会的、感情的コミュニケーションの手段として進化したと言われている。笑いの社会実践的な活動として、クリニクラウン(病院等で患者の心の状態をサポートするための専門職)、笑いヨガ(後述)、笑い療法士(癒しの環境研究会が認定している医療・福祉現場での心理職)などといったものが日本では普及している。
 我々の研究プロジェクト(プロジェクトaH及びユーモアサイエンス学会)では、数年前から、笑いの呼吸反応を胸部の呼吸筋の筋電反応として測定する装置(笑い測定器)を開発し、笑いという感情反応を定量的・客観的に厳密に測定する研究を継続している。
 笑いの社会的特徴の1つに「情動伝染(感染)」という現象があり、おもちゃの「笑い袋」やテレビ番組の「ラフトラック(効果音)」に代表されるように、古くから笑いの感染効果は一般的にも利用されてきた。我々も、笑いの筋電測定とラフトラックを組み合わせた「笑い増幅器」という装置も開発し、笑いの社会的効果の応用研究も行っている。
 こうしたヒトの「笑い」行動の客観的で厳密な科学的研究が行われない限り、「笑い」という心理・生理的反応が本来どのような効能を持っているのか、現実の健康状態にどのような影響を与えるのかといったことについての真意は解明されず、メディアや一般の通説などが罷り通ることにつながる。これでは、せっかくの健康的な態度や行動も、単なる「健康ブーム」や「笑いと健康ブーム」などという一時的な流行として終わってしまう事になる。

笑いヨガ
 最後に、社会的笑いの実践活動の具体例として、日本で最近活動が盛んに行われている「笑いヨガ」を挙げたい。笑いヨガとは、1995年にインドのカタリア医師などが始めた笑いの体操とヨガの呼吸法を合体させて、多くの人が集まって行う一種の笑いを用いたエクササイズのことである。笑いヨガの特徴としては、笑いを誘発するジョークやユーモアなどの刺激は一切不要で、何も面白くなくても手軽に笑えるとてもユニークな健康法の1つである。また、皆が一緒になって笑いあうということで、笑いの感染機能を効果的に利用し、可笑しさの感情も自然と湧いてきて一層無理なく笑える状況を作りだせるようになっている。具体的な笑いヨガのやり方は、「手拍子」「深呼吸」「笑いの体操」「リラクセーション」等のシンプルな行動手続きの組み合わせから構成され、笑いヨガリーダーと呼ばれる体操の指示や音頭をとったりする指導者の下に行われる。
 現在では笑いヨガの活動は、全世界70か国以上の国々に普及し、日本でも各地で笑いヨガクラブとしての活動が盛んに行われている。日本には古くからラジオ体操という実践的な体操習慣の歴史もあるせいか、早朝に地域の住民が集いあって笑いのエクササイズを行うという一種の社会実践的な笑いの活動は、最近では多くの地域に浸透してきている。
 講演最後には、笑いヨガのインストラクターの高橋カレンさんに説明を交えながら笑いヨガを実演してもらい、会場の参加者の方にも笑いヨガの体験をしていただいた。

 
ラベル:講座要旨 講座
posted by wpa2 at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

第13回教養講座:なぜ構造構成主義は復興支援活動に役立ったのか?(要旨)

第13回教養講座:「なぜ構造構成主義は復興支援活動に役立ったのか?
−ふんばろう東日本支援プロジェクトの活動を通して−
 西條剛央(早稲田大学大学院商学研究科MBA専任講師)
2012年 5月19日

1.構造構成主義とは何か
総合領域としての人間科学が、異なる領域のあいだの不毛な信念対立を解消し、建設的なコラボレーションを生み出すため「原理」(メタ理論)として考え出されたのが、構造構成主義です。これは新しいICチップみたいなもので、いろいろな学問領域に組み込んで役立てることが出来ます。2005年に「構造構成主義とは何か 次世代人間科学の原理」(北大路書房)を上梓しました。「現代のエスプリ」に特集されたり、毎号テーマを決めて「構造構成主義研究」という冊子を出したりしています。震災前までは「そこそこ学問の世界に広がっていけばいいな。あまり有名になり過ぎると面倒くさい」ぐらいに思っていました。

2.ふんばろう東日本支援プロジェクトとは?
それが震災の現場に行ってみて、被害もすごいんですけども、システム上の問題で物資が届かないとか、届いても公平主義で数が合わないと配らないというのを目の当たりにし、震災をキッカケに日本の社会が抱えていた不合理が一気に表れてきたと痛感しました。そこでツイッター、ホームページ、フェイスブックを利用して活動をはじめ、3千カ所以上に物資を届けたり、アマゾンから3万個以上の物を送ったり、行政が集めたまま配られていない物資を10tトラックで40台分くらい運んだり、家電を2万5千世帯以上に送ったりしました。

3.方法とは何か
ここで紹介したいのは「方法の原理」ということです。方法というのは@特定の状況で、A特定の目的を達成するための手段なんです。そのことに例外はない。例外がないということは原理的なことです。であれば絶対的な正しい方法がどこかに転がっているわけではなくて、その都度、@状況に応じ、A目的を達成するために有効な方法を見つけるか、作れば良い。

4.正しさから有効性へのシフトチェンジ
「正しい」と言ったとき、その中には暗黙裡に絶対性が折り込まれています。「あなたは間違っている」と言われると、本当はそうだとしても、心が傷ついてしまい、認めがたい。そうではなくて「方法の有効性」の方にシフトすれば議論もスムーズに進めやすくなる。現在は変化のスピードが速い時代なので前例を踏襲していては満足に機能しない。その都度新しい方法を見つけることが有効です。個々の知識以上に方法の使い方の知識が大切になります。

5.信念対立
関心が強いと信念対立が起きやすい。微細な差に敏感になり、ちょっとした違いが許せなくなる。組織というのは「心」を持った人間の集まりなので、話しても余計ケンカになってしまうこともあります。「話せば分かる」とは限らない。合わない人とは付き合わないというのも一つの知恵ですが、チームで何かをするとなると、そうも言っていられません。
ボランティアというのは誰でも「自分は正しいことをやっている」と思っているので、相手と対立すると、「自分は正しい、だから相手が間違っている」と思ってしまいがちです。

6.関心相関性と契機相関性
「水溜まり」もふつうは邪魔なだけだが、砂漠では大切なものになります。様々な存在・意味・価値は、身体・欲望・目的・関心に応じて規定されます。存在と認識は切り離せないものです。自分が「当り前だ」と考えていることも他の人から見たら、当たり前ではないのです。
自分の関心は体験(契機)から自然に形作られるので盲点になりやすい。さらに関心に応じて価値が表れるのでいっそう見えにくくなります。@体験(契機)→A関心→B価値といった順に作られるので、B価値判断で対立した場合、→A関心→@体験(契機)と遡る思考法がないと、信念対立から抜け出せなくなります。自分の価値判断の元になった体験や関心を忘れがちになります。

7.感謝することの大切さ
ボランティア活動を一年間やって来て、「感謝すること」の大きさを痛感しています。感謝の反対は何かというと「当たり前」なんですね。感謝というのは自分も相手も同時に肯定することです。生命は肯定されたがっている。一生懸命やっているのに否定されると傷つく。傷つけられた悲しみが、怒りとして表わされる。まず相手を肯定することからスタートする。
自他の関心のズレを自覚し、相互に了解可能なメタ関心(共通目的)を共有する。共通目的に照らし、どちらの関心が妥当か問い合う。こういう考え方はテーマを問わず、いろいろな分野で役に立てることが出来ると思います。

 
ラベル:講座要旨 講座
posted by wpa2 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

第14回 早稲田大学心理学会 教養講座:笑いと健康 のお知らせ

入場無料! 参加自由! どなたでも奮ってご参加ください。
第14回 早稲田大学心理学会 教養講座
笑いと健康
笑いの社会健康的・進化的意義と日常的実践 
 野澤孝司氏目白大学人間学部講師
橋カレン氏 笑いヨガ・ティーチャー

2012年10月27日(土)16:00〜17:30
早大・戸山キャンパス34号館 1階151教室
◆アクセス◆
東京メトロ東西線・早稲田駅より、徒歩約5分。
JR山手線・高田馬場駅から都営バス早大正門 
行きに乗り、馬場下で下車、徒歩約3分。
◆問合せ先◆ 早稲田大学心理学会
URL 
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/

人の日常生活で最も一般的にみられる行動の一つに「笑い」があります。古くから「笑いは百薬の長」とか「笑いに勝る良薬なし」などとも言われ、笑う行動と心や体の健康状態には、何らかの健康-効能的な関係があることが示唆されてきました。最近では、笑いは体に対する実際的な作用として、免疫系や内分泌系などに対する医学的な効能も確認されており、精神的にもストレスに対する対処法の1つにもなると考えられています。日常および社会的にも、笑いをより積極的に生活に取り入れることは、単に予防医学的な効果を持つだけでなく、より積極的、社交的に生きるための精神的な糧(かて)や生きがいとしても重要な健康的態度の1つとなってきていると思われます。
この講座では、笑いのもつそうした健康に対するポジティブな効果、笑いの生理心理学的機構などの側面について、横隔膜を中心とした身体的「腹」の進化の視点から興味深く解説したいと思います。研修の後半には笑い行動の実践的体験として、最近日本でも活動が広まっている「笑いヨガ(ラフターヨガ)」について、解説と実演・体験参加セッションを笑いヨガティーチャーの高橋カレンさんにお願いする予定です。
ポスターは こちら

ラベル:講座 おしらせ
posted by wpa2 at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

2012年講演会ポスターと懇親会

post2012_r3.jpgkonsin2012.jpg
ラベル:講演会 おしらせ
posted by wpa2 at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

2012年講演会ポスター

post2012_r3.jpg
クリックで拡大
2012年5月27日更新
懇親会案内のマップはこちら
ラベル:ポスター
posted by wpa2 at 11:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

第13回教養講座 なぜ構造構成主義は復興支援活動に役立ったのか?―ふんばろう東日本支援プロジェクトの活動を通して―(開催のおしらせ)

saijyou2012.jpg
2012年5月19日(土)16:00-18:00
早稲田大学 戸山キャンパス34号館355教室
(画像クリックで拡大)
ラベル:講座
posted by wpa2 at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

2012年度教養講座と公開講演会の予定(10月)

 早稲田大学・心理学会・教養講座  2012年10月27日(土)  16時〜18時
笑いと健康 − 笑いの社会健康的・進化的意義と日常的実践 
目白大学人間学部講師    野澤孝司氏
笑いヨガ・ティーチャー   高橋カレン氏

  人の日常生活で最も一般的にみられる行動の一つに「笑い」があります。古くから「笑いは百薬の長」とか「笑いに勝る良薬なし」などとも言われ、笑う行動と心や体の健康状態には、何らかの健康-効能的な関係があることが示唆されてきました。

 

最近では、笑いは体に対する実際的な作用として、免疫系や内分泌系などに対する医学的な効能も確認されており、精神的にもストレスに対する対処法の1つにもなると考えられています。日常および社会的にも、笑いをより積極的に生活に取り入れる

ことは、単に予防医学的な効果を持つだけでなく、より積極的、社交的に生きるための精神的な糧(かて)や生きがいとしても重要な健康的態度の1つとなってきていると思われます。

 

この講座では、笑いのもつそうした健康に対するポジティブな効果、笑いの生理心理学的機構などの側面について、横隔膜を中心とした身体的「腹」の進化の視点から興味深く解説したいと思います。研修の後半には笑い行動の実践的体験として、最近

日本でも活動が広まっている「笑いヨガ(ラフターヨガ)」について、解説と実演・体験参加セッションを笑いヨガティーチャーの高橋カレンさんにお願いする予定です。

 

               

ラベル:講座
posted by wpa2 at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

第12回教養講座:「仕事との出会い方とその続け方」 〜就労支援カウンセリング事例と就活川柳・一人百句から考える〜(要旨)

第12回教養講座:2011年10月29日
仕事との出会い方とその続け方」

〜就労支援カウンセリング事例と就活川柳・一人百句から考える〜

 小林源 産業カウンセラー、LEC東京リーガルマインド大学教授

1.   話の前提

やや奇妙な表現とサブタイトルかも知れないが,体系的,論理的,いわんやアカデミズムとはほど遠い筆者の仕事からは,こんなタイトルしか選べなかった。しかし通算すれば8年余りに及び,かつ今なお継続中の東京都内2区で行なう,就労支援のためのカウンセリング事例は,1000人を超え,生々しくも身に迫るものばかりだ。研究室にいては想像もつかない,現実を知ることができ,事後に行なう無記名のアンケートの集積からは,仕事を求め,これを続けることへの尽きない悩みが,正確に読みとれる。この貴重な経験からしか得られない話を紹介しようと思ったのである。ちなみに来談者は,当該区に在住か,在職か,在学する人たちに限られ,150分。予約制で,無料である。いわば,区民に対する就活支援事業である。

 

2.   サブタイトルについて

前述のように,現実を映す山のような事例と,その傾向を示すアンケートとその順位は,極めて確かなものとして手元にある。しかしこの事態を一部始終伝えるとなると,なまじの時間と労力では果たせない。加えて,適職とは,適性とは,等の各論から始めたら紙数は尽きまい。そこで窮余の果てに気づいたのが,アンケートの悩み上位10項目への対応を川柳にして表現することだった。項目ごとに17文字に要約できるし,多少面白おかしく表現できれば聞き易く,納得もして貰えようかと思った。今回はアンケートを上位10項目に絞ったが,川柳そのものは100句ある。一人で100句つくったから「一人百句」となる。

 

3.   事例と川柳の関係

一例を挙げよう。一定期間ごとにアンケートを集計して,常に圧倒的トップになるのが,自分の適職が分らない,の悩みである。この常勝トップ項目となる回答には,世の中には自分にとっての適職がある筈で,それをどう探していいか分らない,との考えが透けて見える。結論を急ぐと,要はこれが間違っている,ということに気づいて貰う必要があることである。換言すれば,仮に適職というものがあって,皆が皆これを追い求めたら人がイヤがる仕事,危険で汚くて環境が劣悪だが社会に不可欠な仕事は,一体誰がやるのかという根源的な問題に出くわすことにもなる。繰り返すが,適職はあると思ってはいけないのである。にも拘らず,適職を求めて大学卒業後5年,10年はたまた30年も,未だ定職を決められずに相談に来る人が珍しくない。こうした事例,類似の相談に出会うと次ぎのような川柳を発句したくなるのである。即ち“適職に こだわりすぎて まだ無職”。これはビジネスに関わる川柳の投稿欄のある新聞に掲載された。このことの意味は,選者の認識と一致し,新聞紙上に掲載しても共感を得られよう,との総合的判断が下された結果だと思う。要は,適職にこだわっていつまでも無職でいたら,そのことの方が余程問題だという警句であり,失礼ながら皮肉でもある。つまり,こういう形で適職とは何かを考える一石を投じたかったわけである。そもそも適職とは何かと大上段から振りかざすより,遥かに親しみをもって,容易に適職って何だろうと考えていただけると愚考した訳である。ことほどさように,就職に関わる悩み上位10項目に,川柳で触れてみたのである。

 

4.   仕事の悩み上位10項目と対応する川柳

(上段,悩みの質問。上位から。下段,川柳)

(1)      適職と適性がわからない

「適職に こだわりすぎて まだ無職」

「適性も 生きているから 変化する」

(2)      仕事の探し方,選び方が分らない。

「仕事とは 探すのでなく 出会うもの」

(3)      応募書類の書き方を知りたい。

「ラブレター 書いて上達 応募書類」

(4)      これまでの経験を生かせる仕事を希望

「ヒカリモノ 示して語れ 経験は」

(5)      未経験の仕事にチャレンジしたい

「未知の道 人に求める 重装備」

(6)      企業の求める人材について知りたい

「人材像 企業の数と 同じだけ」

(7)      面接に自信がない

「面接と 書類づくりは 同じこと」

(8)      こだわりたい条件がある

「こだわりに 見合う条件 忘れるな」

(9)      人間関係に自信がない

「人づき合い 上手くいく頃 もう定年」

(10)   フリーターを卒業したい

「目標は 努力見合いで 遂げられる」

 

なおアンケートは,ある半年間144名に対し実施したものであり,その集計である。

ラベル:講座
posted by wpa2 at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

「仕事との出会い方、その続け方」〜就労支援カウンセリング事例と、就活川柳・一人百句から考える〜

第12回 早稲田大学心理学会 教養講座
「仕事との出会い方、その続け方」
〜就労支援カウンセリング事例と、就活川柳・一人百句から考える〜
日時: 2011年10月29日(土)16:00〜18:00
講師:小林源氏 産業カウンセラー、LEC東京リーガルマインド大学教授
会場:早大・戸山キャンパス・第二研究棟(39号館) 5階・第5会議室
東京メトロ・東西線・早稲田駅より、徒歩約6分。

「永年携わってきた就労支援カウンセリングにおける幾多の事例とそこから得られた警句としての川柳など、いわば現場の実践例を参考にして、これから仕事に就こうとしている人と既に仕事に就いている人(少し欲張りですが、その双方の人たち)に若干のヒントを提供できればと考えています。」 
ポスターをクリックすると拡大します
kouza102911.JPG

ラベル:講座
posted by wpa2 at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする