2010年08月11日

第9回教養講座:会社でこんなに役立つ心理学(要旨)

9回教養講座 2010522

会社でこんなに役立つ心理学

笠原かほる

 

私の勤務しているピジョン株式会社は、ベビー、マタニティ、高齢者向けの商品サービスを提供しています。メーカー勤務を通じて、大学で学んだ心理学が、会社でどのように活用できたかをご紹介したいと思います。

 

1.     メーカーの仕事の流れと心理学の活用

(ア)  基礎研究

 基礎研究では、製品仕様のベースとなる知見を蓄積する。当社の主な研究テーマは、身体発達に関することのほかに、皮膚や原材料、生産に関わることがある。ここでは身体発達に関する研究について、述べる。

 これらの業務では、大学で学んだことがそのまま使用できる。具体的には、乳幼児の発達、実験計画・統計、観察、動作解析、質問紙法などである。

 

(イ)  商品開発

 開発過程は、作ろうとする製品の妥当性の検証、修正が課題である。よって、アイディアや使用感の評価が中心となる。ここで活用されるのは、質問紙法と観察法。解析方法としては、多変量解析(SD法やコンジョイント分析など)を利用することが多い。

 

(ウ)  マーケティング

 マーケティングとは、「いつ」「誰に」「何を」「どこで」「どのように」提供すれば、「顧客満足」を得ることができるかという「仕組み」のことである。そのために、環境を分析して、狙い目を発見し、そこに効果的に到達させる方法を考える。

 心理学は「人の行動を科学的に捉えること」なので、すべての場面で応用可能であるが、主にリサーチの場面で実効性が高い。

 マーケティング・リサーチは、アンケート調査がもっとも多く、それに関連して種々の多変量解析が行われる。これによって、顧客を分類したり、顧客が重要と考えていることの重み付けを行ったりする。観察も非常に大切な技法である。

 

(エ)  店舗、店頭づくり

 お客さまの実際の購買は店頭で行われるので、売り場作りは大変重要な事項である。しかし、売り場作りの主役は、メーカーではなく、小売業者なので、ここで重要なのは、その小売業の特長と、お客さまを繋ぐ仕掛けを作ることである。

 どんなお客さまがどんな気持ちで売り場に足を運ぶかに合わせて、品揃えや並べ方を工夫し、的確なメッセージを掲げる。そのために商圏、POSデータの分析、価格や店頭コピーの反応分析などを行う。技法とすると多変量解析が多い。

 

2.     組織マネジメントと経営戦略

(ア)  組織マネジメント

 組織マネジメントの課題は、「いかにして人を通じて、仕事を成し遂げるか」ということ。すなわち、どう分業して、その間をどう調整するか、ということである。「動機付け」や「性格特性」などの心理学的知識が理解に役立つ。

 昨今では、抑うつ症状を呈する社員が多いため、臨床心理学の知識も参考になることが多い。

 

(イ)  経営戦略

 経営戦略は、@何を誰に売るか A売るために、自分はどんなことをするか Bその仕事のために、どんな能力と特性を持つか Cそれを展開する個別の方法は何か ということで構成される(伊丹敬之 『経営戦略の論理』 2004)。

 心理学からはだいぶ距離がある印象だが、最小単位はマーケティング戦略と重なるところが多い。それらを長期の時間軸の中で、効果的な組合せに取捨選択して、実現のための資源を獲得することなので、まったく繋がりがないとは言えない。

 

企業活動と、大学で学ぶ心理学とは大きな溝があると感じられるかもしれません。けれども、世の中は、人の行動の集積でできています。ですから、企業活動の中で、人の動きを理解したいと思ったり、成功・失敗に基づいて、よりよい結果を生みたいと思ったときに、心理学は非常に親和性が高いと思います。なぜなら、心理学は、「人の行動科学的に捉える方法」だからです。今、学んでいることはきっと会社に入っても役に立つと思います。

一方、心理学を学んで専門性があると思うことが、違う世界に入るときの足かせになる可能性があります。経営用語に「コア・コンピタンス」という考えがありますが、これを私自身に当てはめた時、「行動科学」がコア・コンピタンスと定義できました。そう定義することで、自分の連続性を保ちつつ、新しいことにも取り組めるようになりました。やってみれば、常に発見があり、視座が高まる実感もあります。

学生の皆さまが、学んだことに自信をもって、大きく飛躍されることを期待しております。

ラベル:講座
posted by wpa2 at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

第9回教養講座:会社でこんなに役立つ心理学(開催のおしらせ)

kouza2010_1.jpg
第9回教養講座:会社でこんなに役立つ心理学(開催のおしらせ)
笠原かほる氏(ピジョンウィル株式会社・代表取締役)
日時:2010年5月22日(土) 16時〜18時
場所:早稲田大学戸山キャンパス・第二研究棟(39号館)
5階・第5会議室(地下鉄・東西線・早稲田駅下車・徒歩約5分)
行動科学を学んだことが企業活動でどのように活用できるか、体験を紹介したい。専門を直接活かせる職務からだんだん遠ざかっているのだが、それでもなお専門性に支えられ、強みとなっていることをお伝えできればと思う。」
笠原かほる(かさはら・かほる)

早稲田大学第一文学部心理学専修卒業後、同大学院 博士課程前期修了。
1989年ピジョン梶@入社。開発部、マーケティング部、事業戦略部を経て、2010年2月より、ピジョンウィル梶@出向(現職)。
戸山キャンパスへのアクセス
http://www.waseda.jp/bun/map/

早稲田大学心理学会 教養講座は会員の相互交流と社会への情報発信を目的に、早稲田大学心理学分野の卒業生が心理学にとどまらない社会活動について紹介し、会員や一般参加者と少人数で自由な雰囲気のなか意見交換を行う会です。
事前の申込は必要ありません。ご自由にご参加ください。
資料代・お茶代として参加費を頂いております。
   【一般:500円  学生:無料  早稲田大学心理学会会員:無料】

会場が変更になった場合はHPおよび会場予定地への掲示にてご案内します。
問合せ先:早稲田大学心理学会 
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/

 電話:03-5286-3743 FAX 5286-3759 担当・木村裕、石井康智

 メール:waseda_shinri@yahoo.co.jp  担当・市原信、朝岡美好

ポスター:朝岡美好氏
図版をクリックで拡大表示します

ラベル:講座
posted by wpa2 at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

講演会「ネガティブ・マインド」のお知らせ(2010年)

2010年度・早心・公開講演会ポスター_v[1].3.jpgtoyama_map2010.jpg
2010年度・早稲田大学心理学会・公開講演会
講師 坂本真士氏(日本大学文理学部心理学科教授)
ネガティブ・マインド
 
-うつを知って、うつと付き合う- 
複雑な現代社会に生きる我々にとって「うつ」な気分は身近なものである。ネガティブな感情や思考をいかに理解し、扱うべきか、社会心理学的な視点から明らかにしていく。
 
場所 早稲田大学・戸山キャンパス 34号館4階 453教室
 (地下鉄・東西線・早稲田駅下車・徒歩約5分)
戸山キャンパスへのアクセス
http://www.waseda.jp/bun/map/
日時 2010年6月19日(土)
 15時〜17時 (14時30分開場)
参加自由・入場無料・奮って御参加ください

ポスター:朝岡美好氏、マップ:中村誠氏
図版をクリックで拡大表示します
ラベル:講演会
posted by wpa2 at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ウェブサイトのトラブルは解決(20109年2月)

ウェブトップページ表示は正常化
トップページのデザインは正常化しました。
ご迷惑をおかけしました。
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
2010年2月12日
ラベル:おしらせ
posted by wpa2 at 15:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ウェブサイトのトラブル(2010年2月)

ウェブトップページ表示トラブル
2010年2月11日現在、トップページのデザインが正しく表示できないトラブルが発生しています。現象は2月10日の午後、データ更新中に起きました。現在修復に向け準備中です。コンピュータウイルスによるものではありません。
しばらくお待ちください。
回復次第このページでお知らせします。

ラベル:おしらせ
posted by wpa2 at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ワードのファイルが壊れて読めない

卒論作成時の重大トラブル
ゼミ生のUSBフラッシュメモリに保存してあるワードのファイルが壊れて読めません。
メモリにはワードファイルが複数ありましたがそのうち1つです。
パソコンを変えてもダメでした。

パソコン画面のエラーメッセージは
「この文書を読み取ることができませんでした。ファイルが壊れているようです。次の操作を行ってください。*ファイルを開いて、修復してください。 *テキスト回復コンバータでファイルを開いてください。(ファイル名)
正直これでは具体的にどのような操作をすればよいか分かりません。


グーグルで「テキスト回復コンバータとは」で検索したところ
[W_WD98] 壊れた文書を復元する方法 (ファイル修復コンバータとは)
が出てきました。マイクロソフトのサポートサイトです。
http://support.microsoft.com/kb/156573/ja


そこで、ワードを起動し
1 [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、文書を選択します。
2 [ファイルの種類] ボックスで [ファイル修復コンバータ] を選択し、[開く] をクリックします。
を実行したところ、文字データが回復できました。しかし、かなりの字が文字化けしておりそのままでは使えません。もちろん図版も回復は出来ませんでした。


しかし、あきらめないで、他の方法として「一太郎2007(それ以前のバージョンではダメのようです)」で直接、あるいは上記と類似した処理でファイルを読み込んだところ、なんと文字化けもなく全テキストデータが無事復活しました。次にテキストデータをコピーしワードに貼り付けて、図版や写真ははオリジナルデータを貼り付け全体が修復できました。

ファイルの修復ソフトも市販されていますが、今回はイザという時の対応例です。

市原信 投稿

ラベル:ソフト
posted by wpa2 at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

第8回教養講座:非行とは何か(要旨)

第8回教養講座 2009年11月 28日 
非行とは何か(要旨)
 藤野京子(早稲田大学文学学術院)

1)わが国の戦後の非行動向

 
第二次世界大戦以降のわが国の非行を振り返ってみると、時代によって、随分と質の違った非行現象がうかがえる。@昭和26年にピーク(第一のピーク)となった敗戦後の物質的困窮と社会的混乱を背景とした生き延びるための非行、A昭和39年にピーク(第二のピーク)となった敗戦からの急速な経済的復興の中、物質的には豊かになったものの社会の歪みも露呈したことを背景に、その歪みに対する怒りからの非行、B昭和58年にピーク(第三のピーク)となった一億総中流化して誰もが躍起にならなくても生きていける時代を背景に、マンネリ化しがちな生活の中で刺激を求めて、つまり自分達なりに面白い生活にしようとしての非行、などである。学際的な研究が活発化してきた昨今、非行・犯罪の研究分野でも、各分野の既存の諸説を網羅的にとらえようとの動向がうかがえるが、たとえばAndrews & Bontaは、@非行・犯罪に対する促進要因や抑止要因等のその個人が置かれた非行・犯罪に至る直前の状況、A資質、物事に対する捉え方や信念、日ごろの行動といった個人レベルのもの、B親子関係、遵法的な他者との結びつき、反社会的な他者との結びつきを含めた対人関係レベルのもの、に加えて、Cその個人が属している地域社会のみならず社会構造や文化的要因を含めたより広い文脈、をも総合的に勘案すべきであると主張する「個人的、対人関係的、コミュニティ強化理論(A Personal, Interpersonal and Community-Reinforcement Perspective (PCI-R)
)」を提示している。心理学では、時空を超えた普遍的な人間の特質を解明しようとする傾向があるが、犯罪・非行に走る人の心理の理解に当たっては、上述のように、そして「非行は世の鏡」とも言われるように、その個人を取り巻く文脈を理解することが肝要である。

2)非行に走る昨今の子どもたち

  第三のピークのころには、「暴走族」や「つっぱり」に象徴されるように、自らを「非行少年」とみなし、それらしい外見を装いながら非行に走っていた者が多かったが、こうした様相は昨今すっかり姿を潜めている。外見から非行少年かどうかを見分けるのが難しくなってきていることに加えて、非行に走っている当事者自身も自らを非行少年とみなしておらず、非行少年と一般少年との境がボーダレス化するに至っている。昨今の非行の特徴をよく表している事例としては、@学習障害を有しており協調的に振舞うことが苦手なため周りから疎んじられるばかりであった少年が、人と一緒に行動できる場を作ろうとして放火に至ったもの、A長年いじめられたり孤立させられてきたりした少年がやっと仲間に入れてもらえるようになった状況下、その仲間の一人が金銭面での問題を抱えたことから、それを助けようとして強盗に至ったもの、B些細な逸脱が警察に発覚され、そのことでの親の叱責を恐れて家出が始まり、状況が悪化の途をたどるにもかかわらずそれに歯止めをかけられず、捨て鉢な気持ちになっては強姦までをも行ったもの、C学業面での伸び悩みを感じた少年が車の運転の面白さに取り付かれたとして、車を窃盗しては無免許運転して何台も廃車にさせ同乗者にも怪我を負わせたもの、などが挙げられる。自らの非行について「社会が悪い」などと、社会に反発すべく非行をしているとの意識はあまり見出せない。「なぜか自分は社会から落ちこぼれてしまった」との生活感情を抱くにとどまっている。成熟化社会となり、問題視されている現象に対しては、根治されてはいないものの表面的な対策は講じられている社会であるがゆえに、社会適応できないことの責任を個人に帰属せざるをえなくなっているのかもしれない。さらに、彼らに共通するのは、是が非でも、生き抜こうとの強さを供えていないことである。うまくいかなくなれば、捨て鉢になるだけである。中には、生きづらさをしっかりと自覚する以前に、お手上げといった感じで行動化してしまっている場合も少なくない。無気力で稚拙な、さらに反社会的というよりは非社会的な少年が非行に走るようになっている。自らの人生に自分で責任を持って生きていこうとの気概はうかがえない。バブルの崩壊以降、閉塞感・不透明感が漂い、明るい展望が抱けない社会風潮が遠因しているのであろうか。また、社会に十分に適応できていないと感じる者同士が徒党を組むことも少なくなってきている。コンピュータや携帯電話が一般人の生活に組み込まれ、人間疎外が進んでいるが、非行に走る者の間にも、そうした影響があるのかもしれない。
ラベル:講座
posted by wpa2 at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ウェブ&ブログのリスト

ウェブ&ブログのリストです(テスト運用中)
会員の皆様へ
当学会の活動と関連のあるサイト、
個人的にお薦めのサイト、
見る頻度の高いサイトなどをご紹介ください。
なお、当学会の活動と無関係と判断された情報は
予告なしに削除する場合がありますので
あらかじめご了承ください。

コメント欄に以下の3項目の記載を原則とします

1 ページのタイトル
2 URL
3 ページの一言コメント


早稲田大学心理学会
http://www.waseda.jp/assoc-wpa/
早稲田大学心理学会のトップページ
ラベル:ウェブページ
posted by wpa2 at 00:26| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

エクセルやワードでパスワードを設定するには

エクセルでは日記や家計簿などの個人情報の利用ができます。
その際、パスワードを設定すると一応安心です。
また、ファイルの破損に備え同時にバックアップファイルも作成します。
なお、ワードも同じ方法で設定できます。

パスワード設定法
1 ファイル保存時に「ファイル」→「名前をつけて保存」
2 右上角にある「ツール」から「全般オプション」で「読み取りパスワード」
  にパスワードを入力し「OK」ボタンをクリック。
3 確認画面で設定したパスワードを再入力して「OK」→「保存」をクリック

バックアップファイル作成法
1 上記(2)の画面で「バックアップファイルを作成する」にチェックを入れる
  →パスワード設定時にセット可能

ラベル:ソフト
posted by wpa2 at 02:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

第8回教養講座:非行とは何か(開催のおしらせ)

第8回早稲田大学心理学会 教養講座

「非行とは何か」


日時:2009年11月 28日(土) 16時〜18時
演者:藤野京子氏(早稲田大学文学学術院・教授)
会場:早大戸山キャンパス・第二研究棟(39号館)6階第7会議室

早稲田大学第一文学部心理学専修卒業後、同大学大学院修士課程修了。テキサス州サム・ヒューストン大学刑事司法部修士課程(MA)を修了。法務省矯正局に入局。おもに心理職として各地の少年鑑別所に勤務。法務省を2004年に退職し、早稲田大学助教授に。2009年より教授。青少年はなぜ非行に走るのか?「非行は世の鏡」とも言われる。社会や家族との関係を探ることなしに個々の現実を捉えることはできない。長年の臨床の体験をもとに、その解決と予防の方策を考える。


    資料代・お茶代として参加費を頂いております。【一般:500  学生:無料  早大心理学会会員:無料】
    事前の申込は必要ありません。ご自由にご参加ください。 
問合せ先:早稲田大学心理学会 http://www.waseda.jp/assoc-wpa/ 
電話:03-5286-3743 FAX 5286-3759 担当・木村裕、石井康智
 
メール:waseda_shinri@yahoo.co.jp  担当・市原信、朝岡美好
★ポスター画像クリックで拡大します
p1109.jpg

ラベル:講座
posted by wpa2 at 23:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする